昨今の大相撲界

近年の大相撲界はモンゴル勢が多くを占め、その中で日本人やその他外国からの力士たちが頑張っているという状況です。しかしひと昔前は日本人力士の中に少数の海外勢がおり、相撲界を沸かせていました。相撲がかなり人気だった時代として特に印象的に残っている時代は、兄弟で横綱になった、大関で初代貴ノ花の長男3代目若乃花と次男貴ノ花がいた時代でしょう。この2人に横綱で共にハワイ出身の曙と武蔵丸が加わり、相撲界をおおいに賑わせていました。初代貴ノ花と初代若乃花は兄弟で、2人とものちに二子山親方となり多くの弟子を育てました。初代若乃花の息子が2代目若乃花となり、横綱にまで登り詰めます。そして、初代貴ノ花の息子たちが揃って横綱になったことで世間の注目度は一気に高まりました。特に1993年場所は盛り上がり、春場所はのちの若乃花が優勝、夏場所は貴乃花が、そして訪れた名古屋場所。ここでは1988年が初土俵となった曙、若乃花と貴乃花の3人が優勝決定戦まで残り、日本が相撲に釘付けになっていました。相撲協会の決まりとして、同じ所属部屋もしくは兄弟による対決は避けられており、唯一戦えるのは優勝決定戦のみ。なので日本中が若乃花と貴乃花の対戦を期待していました。ところが曙が先に2勝を勝ち取ったため、兄弟対決は実現されませんでした。しかしテレビ中継の最高瞬間視聴率は驚きの66.7パーセント。多くの人の記憶に残る、印象的な場所となりました。 そしてそのしばらくあとに相撲界に注目が集まったのが、モンゴル出身の朝青龍と白鵬が活躍したころでしょう。2人の直接対決は白鵬の13勝と朝青龍の12勝で、ほぼ互角。朝青龍は相撲以外の話題にも事欠かず、注目の的になることが多く、白鵬は確実に着実に勝ちを増やしていった印象です。白鵬は2020年3月場所終了の時点で44回の優勝回数。これは相撲界でダントツの1位で、1971年に引退した大鵬の32回優勝をかなり上回っています。3位は31回優勝の千代の富士、そして4位が25回の朝青龍となっています。また、白鵬は2010年に年間最多の全勝優勝を4回記録しており、これも相撲界で1位の記録となっています。各場所最終日の千秋楽を待たずの優勝決定数も20回の白鵬が1位。記録の上での白鵬の存在は大きく、相撲界に多大な貢献をしている力士のひとりと言えるでしょう。
Read More...

延期となってしまった2020US相撲オープン

2020年3月12日。約1ヶ月後にまで迫っていた2020US相撲オープンは、新型コロナウイルスの影響で開催できないことがわかりました。会場となるはずだったカリフォルニア州立大学ロングビーチ校が、予定されていた全てのイベントをキャンセルすると発表したからです。もちろん20周年という記念すべき大会でもあり、運営側は中止ではなく延期したうえでの開催を現在目指していますが、新型コロナ感染が完全に収束していない現状では、先行きは全くわからないというのが本当のところになります。とはいえ、多くの関係者の思いが詰まっているこの大会。きっとその情熱が、新型コロナの猛威も吹き飛ばしてくれるはずです。 過去のUS相撲オープンを振り返る 開催延期の代わりと言っては何ですが、ここでは過去に行われたUS相撲オープンについて振り返っていきたいと思います。1998年に日本で相撲を習ったというアンドリュー・フレウンドによってその萌芽が生まれたこの大会は、2001年に正式な年次開催として第1回大会が行われました。それ以降このUS相撲オープンは毎年開催され、年を追うごとにその規模を大きくし、日本以外の国で行われる年次開催のトーナメント戦としては世界最大規模のものとなりました。そのため世界各地からこの大会へ参加するために、多くの選手が国境を越えて集まって来るのです。 2020US相撲オープンに参加予定だった強豪選手 では、2020US相撲オープンに参加予定だった、強豪選手を何人か紹介していきましょう。もちろん彼らは、延期された大会が開催されれば、きっとその姿を現してくれるはずです。 住洋樹:もともと「飛翔富士」という四股名の大相撲力士であった住は、現在プロレスラーとしてアメリカに拠点を移し活動しています。彼は、2019年のUS相撲オープンに参加し、ヘビー級で3位となりました。しかし、元大相撲力士としては不満な結果であり、今回の大会に捲土重来を期すつもりでした。 ラミー・エルガザール:参加した5回の大会全てでメダルを獲得し、2015年には金メダルを獲得したエジプトの巨漢が、このラミー・エルガザールです。彼の227㎏という体重は、大相撲の現役力士の中に入っても最高体重に位置するほどです。そのスケールの大きな相撲が、再びUS相撲オープンで見れる日を楽しみに待ちましょう。 ロイ・シムズ:US相撲オープンで過去に2度も金メダルに輝いたことがあるアメリカの選手が、このロイ・シムズです。195㎝という懐の深さを活かし、相撲の世界選手権でも彼は銅メダルに輝いています。
Read More...

相撲界の知られざる「トリビア」を紹介

相撲は日本の国技として、国内外で高い知名度を誇ります。日本人であれば、相撲がどんなものならよく知っていると思いますが、実は、一般の人には知られていない面白い事実もあるのです。 この記事では、そんな相撲界のトリビアをご紹介します。 力士にはもとは太っていない人もいる 力士の体型としては、通常の人よりも大柄で脂肪がついているというイメージがほとんどでしょう。 もちろんそれは正しいのですが、元から相撲に適しているほど肉のついていた力士は実は多くありません。特に、日本人はやせ型が多いため、努力で相撲取りに相応しい体型になった人が多くいるのです。 また、強い力士になるには多大な筋力も必要となります。日々の稽古により、力士の体には脂肪だけでなくかなりの筋肉がついているのです。 力士は車を運転してはいけない 実は、力士は運転をしてはいけないというルールがあるのです 。 まだこのルールがなかった1985年に、現役力士が相次いで自動車事故を起こし、日本相撲協会がこの力士の運転禁止のルールを制定しました。そのため、現役力士はタクシーや専用車を利用して移動しています。 法律で決められているわけではありませんが、このルールを破った力士は協会から厳しい処分を下されることがあるようです。 横綱は18世紀にできた比較的新しい称号 力士の中で最高位とされる横綱は、実は相撲の歴史においては新しい称号です。 日本では紀元前から相撲についての記述が文献に登場しますが、横綱という称号が誕生したのは1700年代の終わりのことです。 江戸時代に相撲が盛んになると、1791年に幕府公認のもと、横綱が誕生します。当初は力士番付の中では大関が最高位であり、横綱は大関のうちの相応しい者に与えられる名誉称号でした。横綱の称号が地位として定められるようになったのはそれからさらに約100年後の1909年だということです。 まとめ 知らないトリビアはいくつありましたか? このように、相撲界には一般の人が知らないような興味深い事実が沢山あります。普段テレビや土俵の上で見ている相撲というスポーツは、こうした裏側を持ちながら、古代から伝統を守りつつ発展してきたのです。
Read More...

相撲と賭け

昨今不祥事が続く大相撲の世界。その中で八百長問題というものが取り沙汰されている以上、公式に大相撲で賭けがおこなわれる日が来ることは永久にないでしょう。しかし白熱する幕内力士の取り組みを観戦していると、彼らの勝負に賭けを交えて楽しみたい、という方の気持ちもわからないでもありません。 スポーツベッティングで相撲を楽しむ とはいえ相撲で賭け事を楽しむための方法が全くないわけではありません。海外のブックメーカーやオンラインカジノサイトのスポーツベッティングでは、相撲を対象にしているものも少なからず存在するからです。日本の相撲は海外の方から見るとエキゾチックでとても人気があるのです。もし興味がある方は一度オンラインカジノサイトを覗いてみてはいかがでしょうか。
Read More...

本場所について

相撲が好きなら一度は生で本場所を見てみたい!と思うことでしょう。本場所は年に6回開催されていて、それぞれの開催毎に優勝者が決まるシステムになっています。開催場所は固定で、1、5、9月は東京。3月は大坂、7月は名古屋、そして11月は福岡での開催になります。15日間連続で開催され、初日と最終日(千秋楽)は日曜日となります。 本場所一日の進行 朝8時頃に会場前の高櫓から30分程「寄せ太鼓」と呼ばれる太鼓が叩かれます。そして序の口から取り組みが始まり、序二段、三段目、幕下と続いていきます。序の口の取り組みの前に番付外の力士による取り組みがおこなわれる日もあり、それは「前相撲」と呼ばれます。幕下の取り組みが終わると、十両、幕内と進み、だいたい18時頃に全ての取り組みが終了します。これが本場所の一日になります。
Read More...

貴乃花

第65代横綱貴乃花光司。平成という時代に相撲ブームを巻き起こした名横綱です。父親が大関貴ノ花であったため幼少期から兄と共にマスコミに頻繁に取り上げられた貴乃花は、しかし周りの想像を超える程の横綱に成長します。そのクライマックスとなるのが2001年5月場所千秋楽でした。 伝説の大一番 13日目まで全勝の貴乃花は、14日目に大関武双山と対戦します。この一番で貴乃花は、右膝亜脱臼と半月板損傷という重傷を負って黒星を喫してしまいます。師匠から休場勧告を受ける程の重症でしたが、貴乃花はこの勧告を拒否し千秋楽2敗の横綱武蔵丸戦に臨みます。その結果は全く相手にならずに完敗。結果2敗同士になったため、優勝決定戦がおこなわれます。そしてそんな絶望的な状況で貴乃花は上手投げで武蔵丸を下し優勝を果たすのです。
Read More...

白鵬

第69代横綱白鵬翔。現代の各界を席巻するモンゴル出身力士の代表で、そして疑う余地のない現役最強横綱です。それどころか長い大相撲の歴史上でも最強の一人に挙げられることが多い力士です。そのことは彼がこれまで残した記録を見れば納得できるはずです。 大相撲史上に残る「記録男」 不滅の記録と言われた双葉山の記録、69連勝に迫る歴代2位の63連勝を皮切りに、朝青龍と並ぶ歴代トップタイの7場所連続優勝。その間には4場所連続全勝優勝という歴代2位、15日制になってからでは1位の記録も残しています。また現時点で既に歴代1位の勝ち星1132勝を記録し、横綱として挙げた勝ち星844勝も歴代1位です。これ以外にも本当に多くの記録を持っていますが、そのどれもが彼が長い間その力を保ち続けていることを証明しているのです。
Read More...

朝青龍

第68代横綱朝青龍明徳。引退時の騒動のため品格が重要な横綱にあっては最強と呼ぶことに抵抗感がある、という方もいらっしゃると思いますが、しかしその強さの瞬間最大風速は見るものに「最強」と叫ばせるだけのインパクトがやはりありました。モンゴル出身ながら日本人力士と余り変わりない体型で、しかしその腕(かいな)力は並ぶものがありませんでした。その豪快な取り口で多くのファンを魅了したのです。 もしも二強時代が続いていた もしも朝青龍と白鵬の時代がもっと長く続いていたら一体どれ程の名勝負が生まれたことでしょうか。相撲ファンの誰もが夢想することですが、僅か3年程度で終わったしまった2強時代を惜しむ声は未だに大きいのです。それほど魅力的な横綱が朝青龍だったのです。
Read More...

大鵬

第48第横綱大鵬幸喜。「巨人、大鵬、卵焼き」という言葉で有名ですが、昭和の高度成長期を迎える中で、大衆に最も愛されたものの象徴となるくらいの国民的人気を博したのがこの大鵬なのです。優勝回数32回は白鵬に抜かれるまでの最多優勝記録。入幕から引退の12年間、毎年必ず1回以上の優勝を果たし、これも白鵬が14年連続と更新するまでトップの記録でした。連勝記録は45と歴代4位ですが、「世紀の大誤審」と言われた戸田との一番がなければ一体どれほどの連勝記録を残したことでしょう。 柏鵬時代 同時に横綱に昇進したライバル柏戸とともに、この時代は柏鵬時代と呼ばれました。しかし横綱に昇進後の対戦成績は柏戸を圧倒。18勝9敗と名横綱と言われた柏戸でさえ太刀打ちできない強さを誇ったのです。
Read More...

千代の富士

第58代横綱千代の富士貢。力士としては小さい体、度重なる脱臼を克服し、昭和最後の大横綱となりました。優勝回数31回、通算1045勝はどちらも歴代3位の記録。最多連勝記録53連勝も昭和以降では双葉山、白鵬に続く歴代3位の記録です。そして史上最多の通算勝ち星記録を更新(当時)したことで、大相撲史上初めての「国民栄誉賞」授与という栄誉を受けることになります。 昭和とともに 彼が昭和最後の大横綱、と言われる理由がその去り際です。引退した1991年は昭和という時代が終わり、平成という新しい時代が始まった頃でした。その頃の各界には貴花田(後の横綱貴乃花)を筆頭に沢山の若い才能が芽吹いていました。彼らとの一番に敗れた千代の富士は、若い世代へとそのバトンを託し、昭和という時代とともに土俵を去っていったのです。
Read More...